ビジネスマンのためのスピーチ例文 書籍「松下幸之助 一日一話」に学ぶ(衆知を集める経営)

 

ビジネスマンのためのスピーチ例文 書籍「松下幸之助 一日一話」に学ぶ(衆知を集める経営)
プロのスピーチライターがクライアントに提供している方法で作成

「松下幸之助一日一話」(PHP 総合研究所)P76 より引用

    • 衆知を集める経営
      会社の経営はやはり衆知によらなければいけません。

      何といっても、全員が経営に思いをいたさなければ、決してその会社はうまくいかないと思うのです。
      社長がいかに鋭い、卓抜な手腕、力量を持っていたとしても、多くの人の意見を聞かずして、自分一人だけの裁断で事を決することは、会社の経営を過つもとだと思います。
      世間一般では、非常にすぐれた一人の人がワンマンで経営すれば、事がうまくいくということをよく言いますが、社長一人で事を遂行することはできませんし、たとえできても、それは失敗に終わるだろうと思います。やはり全員の総意によっていかになすべきかを考えねばならないと思うのです。
      深い示唆に富む話であり、「なるほど」と思われた方も多いのではないでしょうか。

それでは幸之助さんのこの考えを引用し、「自分の思い」として伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。
以下の例文を参考に、「選び」「磨き」「決断」してください。

例文

文章を
「目で追い」
「声に出して読み」
「『自分ならこう言いかえる』という観点でメモする」

その上で
「これでいいのかな」

「違う判断なら、聞き手にどう伝わるだろう」
という「頭のトレーニング」をしながら、

(話すか削る)

(どちらか/選ぶ)
を判断してもらえればよいでしょう。


    次は選択肢です。

    <<(1)(2)のうち、ご自身の判断に一番近い文章を選択ください>>

    ※「両方のいい所をつなげたい」はNGです。散漫になります。
    ※「添削してほしい」「質問がある」という場合には info@speechreibun.com までメールをください。
    (ブログやYouTubeでの公開が前提ですが、無料でお答えします)

    判断のポイント
    ✔誰もが知る有名な人、前振りはいらない。
    ✔ いや、それでも若い人たちの中には知らない人もいるかもしれない。説明する方が良い。
    —————
    (1)
     ①パナソニック
     ②松下電器(、今のパナソニック)

     Ⓐの創業者である
     Ⓑを(創業し/一代で築き上げ)
    —————
    (2)
    (この部分は割愛する)
    —————

    松下幸之助さんが、「衆知を集める」という言葉をよく

     ①(使わ/話さ)
     ②語っ

    (い/おられ)ました。

     

    次は選択肢です。

    判断のポイント
    ✔大上段に構えるのか? すっきりと話すのか?
    ✔ 「シュウチ? 羞恥のこと?」と勘違いされる可能性をつぶしておこうか? 
     もしくは、「いや、そこまで考えなくてよい」という判断を行うのか?

    —————
    (A1)
    「衆知を集める」すなわち(、「大衆の知恵を集める」という意味であり)
    —————
    (A2)
    (分かりやすくいえば/つまり)
    —————


    次は選択肢です。

    判断のポイント

    ✔「衆」の範囲をどこまで絞るのか? 極端と受け止められないか? 中途半端にはならないか?
    —————
    (B1)
    (みんな/全員)
    —————
    (B2)
    (たくさん/より多く)の人
    —————


    次は選択肢です。

    (C1)と(C1)を「続けて話す」「片方だけ話す」どちらでも結構です。

    判断のポイント
    ✔「衆知」の「知」をどうとらえるのか?
    ✔「①認識」「②評価」「③創造」
      「衆知」を仮にこの三つのサイクルと定義づければ、それをどう伝えるのか?
      「ポイントを絞り込んで話す」のか? 「三つ全てを話す」のか?
    —————
    (C1)※事実を認識する力
     ①(知識/情報/経験)
     ②(この部分は割愛する)
    —————
    (C2)※物事を評価する力
     ①(見識/見解/判断)
     ②(この部分は割愛する)
    —————
    (そして、)

    ※価値を生み、創造する力
    (アイディア/発想/知恵)

    (など)(共有する/シェアし合う)ことが



    次は選択肢です。

    判断のポイント
    ✔「思い込みを話す」「確信を語る」「問いかける」あなたの目的は何でしょうか?
    —————
    (D1)
     ①大(切/事)
     ②必要

     だと思います
    —————
    (D2)
    求められるのではないでしょうか
    —————

    次は選択肢です。

    判断のポイント
    ✔「衆知」を「具体的な行動」でどう形にするのか? 自分の立場で語るのか? より多くの人に気づきのヒントを伝えるのか?
    —————
    (E1)

    「自分の分身を作る」という言葉があります。

    (いわれるままに動く/形だけ真似る)」という人ではなく、

    「この人(が自分)のなら、ど(のように考え、どう行動/う)するだろう」という人を育(て/成す)るという意味です。

    まさしく、このような(人がいる)
    —————
    (E2)
    一人の人の力には限界があります。(そして、一人の力に寄りかかるということは、その人がいなくなれば、ゼロになってしまうということを意味します。)

    そうではなく、実務においても、モチベーションを高める上においても、お互いの力をローテーションしあい、支え合う人の存在が必要になるのではないかと思います。

    それが可能になるとすれば、
    —————
    (E3)
    知恵を出し合い、議論し、

     ①(全員/メンバー)の
     ②(この部分は割愛する)

    納得のもとに決定する。


    このサイクルを繰り返すことで、
    —————

    (組織/チーム/会社)


    次は選択肢です。

    判断のポイント
    ✔個人(一人)、みんな(一人ひとり)、組織(目的を持った集団)の関係について深掘りして考えてみましょう。
    ✔「一人は組織のために」「組織は一人のために」「組織はみんなのために」「みんなは組織のために」
     「一人はみんなのために」「みんなは一人のために」「一人は一人のために」「みんなはみんなのために」
     「組織は組織のために」
     あなたの中で、「最も大切なもの」は何ですか?
    —————
    (F1)
    、その力を「足し算」ではなく、「掛け算」に高めていくことできる
    —————
    (F2)
    強くなり、さらに一人一人の力も高まっていく
    —————
    (F3)

    最高のパフォーマンスを発揮する
    —————

    のではないでしょうか。

     

    【ワンポイントアドバイス(その1)】
    人の心に刺さるスピーチをするためには、
    「自分の思いを語る」ことが必要です。
    たとえ、松下幸之助さんのような偉人の言葉を引用する場合においても、同じことがいえます。
    冒頭に書いた、

    文章を「目で追い」「声に出して読み」「『自分ならこう言いかえる』という観点でメモする」
    その上で「これでいいのかな」「違う判断なら、聞き手にどう伝わるだろう」
    という「頭のトレーニング」をする

    この言葉を参考に、例文を深掘りしていただければ幸いです。

    【ワンポイントアドバイス(その2)】
    「判断力」も「文章力」
    ゼロから文章を考えるだけが表現ではありません。
    「日本のいちばん長い日」という映画で描かれている「玉音放送」の原稿を作成するやり取りは、組織とリーダー、「意見具申」と「決断」を考える上で、貴重なノウハウ。

    【ワンポイントアドバイス(その3)】

    「書き言葉」で書かれたスピーチの原稿を「話し言葉」に変換するノウハウです。


    近藤はスピーチライターとして、対価を得て原稿を作成しております。
    しかし、ブログやYouTubeで発信するスピーチの例文は、「宣伝になる」「ノウハウを多くの人に知ってもらえる」という観点から、「無料で作成」させていただきます。
    ※個人情報や固有名詞は削除、発表前には事前に見ていただきます。
    ※内容を確認した後、「ブログの公表は止めてほしい」「このまま使いたい」このような場合には、正規の代金をいただきます。

    「売り込みされそうでイヤ」
    「本当に無料なの? 実は有料じゃねw」
    「とか言って、後で請求があるんじゃないの?」

    そんなことはありません。
    「事後請求などは一切行いません」

    例文を作成し、コンテンツとして発信するということは、
    それ自体が近藤のPRになります。
    私自身にとって、十分なメリットがあり、ありがたい話です^^

    さらに、スケジュール的に厳しい時は「厳しい」
    ご相談の内容や、ボリューム的に有料になる場合は「有料になります」
    質問の回答に関しても、「これは〇、これは×、この判断は★です」
    このように、言葉を濁さずはっきりと申し上げます。

    いわば、あなたと近藤は「Win-Win」
    ガラス張り、大人のやり取りができますことを楽しみにしています。

    運営者情報

    事業者  スピーチライター近藤圭太事務所(旭日社)
    商号   スピーチ例文ドットコム
    代表者  近藤圭太
    所在地  〒110-0016 東京都台東区台東1-9-4 松浦ビル5F
    電話番号 0120-03-4946(フリーダイヤル) 03-3833-4092(直通)
    FAX番号  050-3737-4590
    URL https://www.speechreibun.com/
    e-mail info@speechreibun.com
    事業内容 運営サイトやブログにおける情報(販売促進を目的とした教育的コンテンツ)発信、セミナー(オフラインならびにオンライン)開催、コンサルティング業務、ライティング代行、コンテンツ販売、アフィリエイト
    創立 平成20年1月
    取引銀行 ジャパンネット銀行